Unity Interlaboratory Program

Unity Interlab Program

 

高精度のラボ間プログラムに参加することは、試験システムの信頼性と精度を確実にするための手助けとして依然、重要です。

情報を提供し、ラボの分析性能を改善する点においてバイオ・ラッドの Unity Interlaboratory プログラムほど強力で効果的なプログラムは、世界にありません。

Data Management Solutions
  • その他のどの interlaboratory プログラムより、はるかに多いラボサイトの参加者の、世界中の何千人のうちの1人になってください。
  • バイオ・ラッドの巨大 interlaboratory グループへ参加してください、重要なピア比較にとって必要不可欠です。
  • 解析プロセス改善の機会を認識します。
  • 習熟度調査結果の自信を高めます。
  • 習熟度調査間に発生する認識されていない傾向や変化を確認します。
  • 適用される締め切りのないデータ送信で、リアルタイムのトラブルシューティングのためのオンデマンドラボ間比較レポートを受信します。
  • 定期データ送信締め切りのある、ルーチン月次レポートを受信して、ピアグループサイズを最大化します。
  • Unity データ管理ソフトウェアシステムを使用して、データを電子的に送信します。
  • QCNet を使用してインターネット経由で迅速にレポートおよびその他の情報を受信します™。
Unity Interlab Brochure
• "ラボの自己評価にとって、ピア関連のバイアスおよび相対的不正確は有用なパラメータです。"
— CLSI (以前のNCCLS)、C24-A2、Vol. 19、No. 5
• "ラボはラボ間比較に参加するべきです..."
— ISO 15189:2003(E)、 従属節5.6.4.

自身の試験システムでエラーを検出する

高精度のラボ間プログラムがなければ、試薬、キャリブレーション改質、基準の変更、または計器ソフトウェア変更などのイベントによって、しばしば起こる試験システムでの段階的または突然の変更について、ラボは、気づかない場合もあります。ラボ間プログラムは、変更や傾向を気づかせてくれ、ラボ試験の信頼性を検証するサポートをしてくれます。

習熟度調査の結果を改善する

ラボ間プログラムはまた、習熟度調査での自信を高めてくれます。ご自身のラボが、ラボ間プログラムに参加している他のラボと上手く比較した場合、習熟度試験プログラムに参加しているその他のラボとの比較も行ないたくなります。

習熟度試験プログラムは、全体の試験システム性能を計測するための十分な情報を与えてくれるかどうかについて議論する人もいます。このことは単純に真実ではありません。

  • 習熟度調査は、単にタイムリーな寸評を提供しているだけであり、ラボ間プログラムで、毎日の精度管理の代用として使用してはならないのです。
  • 習熟度試験の日の許容性能は、毎日の試験信頼性を保証するものではありません。
  • ラボ間プログラムへの参加、特に、オンデマンドでラボ間のインスタントフィードバックを受信するためのオプションを提供しているラボ間プログラムは、毎日の試験性能に自信をもつための最良の方法です。

1つのラボ間プログラム、2つの貴重なオプション

バイオ・ラッドは喜んで、Unity データ管理ソフトウェアシステムを使用しているラボに、標準月次Unity ラボ間レポートに加えて、オンデマンドのInstantQC™レポートを受信する機会を提供します。これにより、ラボは、2つの世界の最高のメリットが受けられます。

バイオ・ラッドは喜んで、Unity データ管理ソフトウェアシステムを使用しているラボに、標準月次Unity ラボ間レポートに加えて、オンデマンドのInstantQC™レポートを受信する機会を提供します。これにより、ラボは、2つの世界の最高のメリットが受けられます。

一方、月次ユニティの提出は月に一度要求され、試験システムの定期的、周期的なレビューのために、ピアグループサイズが最大化されていることを確実にします。月次ユニティー報告書は、InstantQC Report よりさらに総合的です。どちらのレポートの種類も、ご都合のいいときに QCNet のウェブサイトで入手できます。

 

"データを重要なピアグループと比較することは、結果的に信頼性のある患者データを得られることを確実にします。"
— 医科大学、ラボ責任者
"レポートがきれいで読みやすくわかりやすい。試験毎に、ラボのユニティー報告書は、データのサマリ、計器グループ、およびメソッドグループを提示してくれ、—レポートがシンプルである。"
— 病院検査ラボ、臨床化学者
"Unity QC プログラムを使用しているバイオ・ラッドの文書は、CAP 検査官に好ましく承認されています。フリーQCを懸念します。"
— 医療センター、ラボ責任者

"ラボは、ラボ間QCプログラムに積極的に参加することが推奨されています..."
— CLSI (以前のNCCLS)、C24-A2、Vol. 19、No. 5

ログイン / 登録

ログイン / 登録
PLEASE LOG IN NOT REGISTERED?
Login ID
Password
  

.